酒さ皮膚炎と診断される人が増えています

顔の赤みが気になる・・・。

その顔の赤みは「酒さ(しゅさ)」かもしれませんよ。

赤い顔が気になって皮膚科で相談したら「酒さ皮膚炎」だと診断される人が多いのです。

子供から高齢者まで、酒さ皮膚炎として診断される人が増えています。

原因不明の症状で、紅斑が頬や鼻に広がります。

そして、広がりが慢性化してしまいます。

だんだん腫れてきて、毛細血管が透けて見えるようになり、顔全体がほてってしまって、何かおかしいと感じて医師の元へいったところ、酒さ皮膚炎と診断されることが多いようです。

まれに、ぶつぶつなども伴うことがあり、ニキビやアトピーなどと混同されるケースもありますが、酒さ皮膚炎は皮膚トラブルの一種です。

皮膚科で薬を処方してもらうこともできますが、まずは基礎化粧品を変えて、様子を見てみましょう。

自分の赤ら顔が、酒さ皮膚炎かなと思ったら、まずは毛細血管が見えているかどうかチェックしてみてください。

ほてっている顔の頬や鼻周りに、赤い部分が広がっていることだと思いますが、その部分に毛細血管が見えていませんか?

皮膚が薄い人や、敏感肌の人が、毛細血管が透けて見えることが多いようです。

ですが、これは、血管が炎症を起こし、赤血球の数が増え、顔に赤みが出てしまっているものだと考えられます。

薬で体の内側から、そして化粧品で皮膚の外側から、酒さ皮膚炎をケアしていきましょう。

酒さ皮膚炎と診断されたら・・・まずは、しろ彩がオススメ!

酒さ皮膚炎と診断されてしまったら、まずはしろ彩がおすすめです。

フランス産の海の海洋性エキスを使用し、血の巡りを良くして保湿効果に優れるショウガ根茎エキスでアンチエイジングを、そしてセラミドが含まれる甘草で、刺激に強く、保湿効果のあるブクリョウで美肌効果へ、肌荒れケアに最適なセンキュウでくすみなどに、それぞれ効果を発揮します。

また、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなども含まれていますので、プルプルの美肌がよみがえります。

何もケアしなくてもきれいだった子供の頃の肌のように・・・しろ彩は、赤ら顔のための化粧水です。

和漢成分が豊富に含まれ、アルコールフリー、添加物フリーなので安全、安心です。

なんといまなら、定期コースに限り、30日間の返金保証を受け付けています。

もしもお肌に合わなかった場合は、返金を受け付けていますのでご連絡ください。

また、返金は、30日以内であれば、仮に使い切ってしまったとしても、受け付けています。

こんな良心的な酒さ皮膚炎用のケア化粧水は他にありません。

この機会にしろ彩をぜひどうぞ。